自宅トレに必須なアイテムと予算は?

新型コロナウイルスの影響で、

通っているジムが休館してしまった。

休館はしていないけれども、自粛している。

といった方、多いのではないでしょうか?

私も自宅でのトレーニングに切り替えました。

今回は、自宅トレに必須なアイテムやその予算について

私が購入したものも含めて紹介していきます。

必須アイテム①:ダンベル

個人的には、

自重では、筋肥大に限界がある!

と思っています。

トレーニングにおける「漸進性負荷の原則」で、

ずっと同じ負荷では、筋肉が慣れてしまい、体操運動になってしまうからです。

「セット数やレップ数上げて負荷を上げればいいじゃないか」等の意見も出てきそうですが、

自重だけでは、なかなか限界まで追い込むのは難しい気がします。

ですので、取り敢えず、「ダンベル」は購入しましょう!

ダンベルを購入する際にもっとも気を付けなければならないのは、

先を見据えて、高重量のものを買いましょう!

少なくとも、20kg以上のものを買いましょう!

(🔼20kg¥3100円×2=¥6200)

財力に余裕があれば、アジャスタブルダンベルがとてもオススメです。

必須アイテム②:フラットベンチ

トレーニングベンチも必須かと思われます。

 (🔼¥5480)

ダンベルだけだと、胸や三頭筋、足のトレーニングがなかなか難しいです。

しかしベンチがあると、可動域が広がるので、かなりトレーニングの幅が広がります!

財力に余裕があれば、インクラインになる(角度が調節できる)ベンチがオススメです。

取り敢えず、今回の感染が収束するまで家トレ!

って人は、この2つだけでいいかと思われます!

(必須)アイテム③:アブローラー

必須では無いですけど、あるといいものとしては、

アブローラー(腹筋ローラー)です。

個人的にアブローラーが腹筋トレで1番効きます!

収束後にも使えるアイテムですし、お手頃価格なので、買っておいて損は無いかと思われます!

サイヤマンさんの腹筋…憧れますね。

予算まとめ

上記のダンベルとフラットベンチのみですと、

・ダンベル:6200円

・フラットベンチ:5500円

ですので、合計11700約円

腹筋ローラーを追加したとしても、13200円です!

1ヶ月ちょっとのジム会費と考えれば、そこまでは高くないですね!

一応、自粛期間が2週間ほどとのことですが、

この先も長引くような気がするので、早めに購入を決断した方がいいかもしれませんね。

では、また。