ブログを書くと、どんな良いことがあるの?【ブログ歴1年目のひよっこが語る】

こんにちは!はじめまして。

本ブログでは、最初の投稿となります。

そんな初投稿は、ブログを書くメリットについて語っていけたらなと思っています。

アウトプットができる

アウトプットとは、簡単な動詞に置き換えると、「書く」「話す」「教える」といった能動的な行動のことです。

ブログは、「書く」に該当するので、もちろんアウトプットです。

対して、インプットとは、「読む」「聞く」「見る」といった受動的な行動を指します。

では、アウトプットができると、どうなるのか?

それは、アウトプットを行うと、

インプット(知識)が定着する。

ということです。

「樺沢紫苑」著の「アウトプット大全」によると、

 2週間に3回以上アウトプットしないと、忘れ去られてしまう

と言われています。

せっかく読んだり聞いたりして得られた情報は、アウトプットをしないと、忘れてしまうのです

しかし、残念ながら日常生活(特に学生)では、インプットに比べて、アウトプットをする機会は、圧倒的に少ないです。

そこで、ブログを書くことで、

ブログを書く→アウトプットになる→知識の定着化

といった正のプロセスが見込めます。

知識が増える

私は、そもそも、ブログを書く以前の段階でかなりの知識が増えました。

「サーバーって?」「ドメインって?」「ワードプレスって?」

一つ一つ疑問を解消していくのは、とても骨が折れましたが、おかげでたくさんの知識が増えました。

ここで、知識について、私が大好きな言葉を紹介します。

 The more I learn, the more I realize I don’t know. The more I realize I don’t know, the more I want to learn. 

by アインシュタイン

意味としては、

MEMO
”学べば、学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを知らされる

というものです。

知識が増えれば増えるほど、「自分の知らない(分からない)こと」に出会い、

自分に自惚れず、常にその知らない領域へと進んでいく探究心。

ブログを書くと、その片鱗を感じることができる気がします。

思考がまとまる

情報過多社会となっている現代。

知りたい情報が簡単に手に入る反面、大量の情報を前に振り回されているのも事実です。

せっかく得た情報もいざ、使う場面で上手くまとめられないと、意味ないですよね。

頭の中でいろいろ考えてもまとまらなくても、

ブログを書けば、頭で考えたことを言語化可視化することが出来て、まとめることができます。

私自身も現在進行形で、

なかなかまとまらなかった、思考がまとまる話をまとめることが出来てますし(出来てない)

”好き”が活かせる

“自分の好きなことだけをして食べていくことができるのはほんの一握りの人だけ”

そういった固定観念を抱く人は多いのではないしょうか。

しかし、ブログというコンテンツは、その理論を覆す要素になり得ると思うんです。

たとえ、それが収入には繋がらなかったとしても、自分の好きなことが活かせる。

あらゆる自分の好きなコンテンツを、発信することができる。

そして、もしかしたら、

誰かが、自分の書いた記事からそのコンテンツを好きになってもらえるかもしれない。

それってとっても素敵なことだと思いませんか?

「書く」ことに抵抗がなくなる

小学校の夏休みの宿題で嫌なものランキング第一位といえば「読書感想文」(当社調べ)

私も当時の原稿用紙2枚という制約は、あまりにも長く、遠い道に感じました。

文章を書く機会って、学生から社会人になった後もたくさんありますが、「大人になって尚、苦手」って人、多いんじゃないでしょうか?

でも、ブログを書く習慣をつけてしまうと、そこまで抵抗を感じなくなるんですよね。

実際、つい先日、大学で3つの実験の概要(各1500字くらい)をまとめる課題が出た際に、特に苦もなく、書けました。

多分、ブログを書いていなかったら、かなり苦戦していたと思います。

日頃から書くことで、書けるようになるんだと、ちょっと嬉しかった瞬間でもありました。

まとめ

まとめると、ブログを書くことで、

Remark

・アウトプットができる

・知識が増える

・思考がまとまる

・”好き”が活かせる

・「書く」ことに抵抗がなくなる

今回紹介したメリットは、私が特に紹介したいと思ったものだけです。ほかにも、継続力が付くとか、行動力が上がるとかたくさんあると思います。

この記事を読んで、一人でも、”ブログっていいな”って思っていただけたら幸いです。

では、また、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です